降圧剤飲んでも血圧高いのは、カリウム欠乏症かもしれないよ?青のりや昆布をよく食べよう。

ブログ
片麻痺でも強く生きよう。by rakufuku_jp

降圧剤を飲んでも下がらない血圧。だいたいカリウム欠乏症。

どうもひですけです。

皆さん血圧正常でますか?

脳卒中は脳血管障害ともいい、脳の血管が破れたり、血栓で詰まったりする病気です。

なので、脳の血管だけでなく全身の血管が動脈硬化でボロボロになってる可能性があるわけです。

高すぎる塩分や高すぎる糖分は血管の内部に炎症を生じさせ動脈のしなやかさを奪うので、一昔前の医者は塩分を抑えろ塩分をとるなと口やかましく言ってますよね。

うちの医者もそうなのですが、ただ、これは100年くらい前の研究結果を元にした定説らしく、最近の研究では塩分(ナトリウム)が不足すると筋肉を動かすためのミネラルが不足し、熱中症になりやすくなったり、心臓の筋肉が上手く働かずとらってしまう、心筋梗塞になりやすいなどリスクも見つかってきたそうです。

ナトリウムとカリウムの働き

カリウムは血液内のナトリウム量を調節し尿と一緒に排出してくれるそうです。

逆に塩分(塩)に含まれているナトリウムは体内に水分量を取り込み蓄える効果があり、血管の中が水分でパンパンになるので、血圧が上がるというメカニズムなんだとか。

ちょうど水をまく散水栓のホースのように血管もパンパンに膨れ上がっているのでしょうね。

確かにいつ破裂してもおかしくありませんよね。

ああ、おそろしい。

で、カリウムを摂ることで、ナトリウムが体外に出ていくので自然に血管内の水分量も抑えられパンパンにはならなくなるそうです。

ただ、水分量が少なくなると血液ドロドロ問題とかも出てくるので、水分補給はこまめにすることが求められるのですが、それはさておき。

このようにナトリウムが悪いと決めつけるのではなく、大切なのはナトリウムやカリウム、マグネシウムにカルシウムなど血液中のミネラルバランスが大切になってきます。

熱中症予防に塩キャンディとか舐める理由にも合点が行くってもんですね。

カリウムを含む食品とは?

で、そうなるとカリウムってどうやってとるのって話なのですが、カリウムに関しては取扱が難しくサプリでの摂取はWHOからも禁止されており、食品からの摂取のみとなります。

で、その食事も少しクセがあって意識しないとなかぬかとれないかも?というものが多いのです。

厚生労働省によると成人男性の一日の摂取目標は3000mg、女性で2600mgとなっていますが、バナナ1本食べても450mg程度。

成人男性ならバナナ6.6本食べないと到達しません。

毎日バナナ6.6本はちょっと現実的では無いので、複数の食品を組み合わせるのが良いと思います。

例えば、乾燥した昆布これを10cm角食べると8000mgを超えるカリウムが取れますし、海苔も寿司海苔1枚あたり3200mgといい感じです。

我が家ではご飯を炊く時に、乾燥昆布の切れっ端を入れてもらうようにして、味噌汁にアオサや卵かけご飯や竹輪の天ぷら、焼きそばには青のりを加え、おにぎりには海苔を巻いたり、海苔巻きを多くするなど、食事に少し工夫をしています。

お陰様で私の血圧も大方上で120当たりをキープするようになってきてました。

もし降圧剤を飲んでも血圧が下がらない。。。なんて方がいたらカリウム少し注意してみて下さい。

それに脳卒中予備軍の方にもくれぐれもお伝えいただければと思います。

片麻痺で死ぬまで痛い思いをするのはしんどいですし、そもそも脳卒中すると場所によって本当には死んでしまったり、寝たきりになったりする病気です。

当事者の言葉としてまだ病気になっていない人達に伝えて行ければと思います。

海苔や昆布で回避できるなら、絶対に回避した方が絶対に幸せだと思います。

同じ塩でも減塩できる塩を使おう。

あとクッキングソルトなどの合成塩を使うより海塩や岩塩などの天然塩を使うことでミネラルも摂取できるので、相対的な減塩になりますよ。

今日の参考動画は下記に貼っておくので興味のある人は見てみてくださいね。

注意!カリウム気軽にとったらダメな人

たた、腎臓が弱い人はカリウムとると悪化してしまう可能性もあるので、医師に相談してくださいね。

それではまた次回の記事でお会いしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました