脳卒中してタバコが吸えなくなった話。

NEWS

正確にはやめたのでは無い。単に必要なくなっただけの事。

脳卒中してタバコやめた。

正確には3ヶ月入院してる間は一ミリも吸えなかったし、出てきてしばらくはCBDのべイプ にしたが、今は補充が面倒くさくて今では何も吸わなくなった。(痛み止めとしては今も使ってるけど。)

いや、正確にいうといらなくなった。

やめたくてやめたのではなく結果的にいらなくなっただけの事。

そして、せっかくやめたのだから吸わないようにしていただけのこと。

妖怪【臭ぽっぽ】があらわれた!!!

先日、咥えダバコのおっさんが家の前を歩いていった。

あんなに毎日吸ってたタバコなのに

おっさんの放つ副流煙は

体験したことの無いものすごい悪臭だった。

自分自身、あまり咥えタバコはしないようにしていたけど、

それでも、ああ、俺もかつては悪臭振りまいて歩いてたんだな...

とすごく後悔。

妖怪【臭(くさ)ぽっぽ】

適当に思いついた名前だが、そんなニュアンスがぴったりかなと。

なので、さすがにメンタル的にもうタバコは吸え無さそうだ。

人間、立ち位置が変わると正義なんて簡単に変わってしまうのだよ。

どうしてもやめられないなら、CBDのべイプ おススメだ。

臭くもないし、ニコチン依存もない。習慣としての喫煙をヘルプしてくれるには十分だ。

しかも脳卒中のリスクではなく、てんかん薬としても有名なので、酷い痺れを緩和してくれる。

まぁ、友人たちが家に来てタバコ吸う程度なら、換気扇そばで吸う分には何も言うまいよ。

たぶんね・・・。

脳卒中ひろば TOPへ戻る

この記事が気に入ったら
いいねとシェアお願いします!
新着記事を更新したらお知らせします♪
この記事を書いた人

ひですけ@片麻痺デザイナー。
2021年末に脳卒中(右被殻出血)を発症し左半身麻痺と感覚障害になった。
脳卒中になったことをきっかけに健康オタクとなった。

現在は自宅でリハビリしながら、当サイトの管理人をしています。
Web作成とデザインが好き。アパレルショップ【rakufuku_jp】の店主でもある。

hidesukeをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました