【警鐘】脳卒中になって体が動かなくなって気が付いたこと。脳卒中したことない人にも読んでほしい。

NEWS

現代社会において健康は軽視されがち

どうもこんにちは。ひですけです。

脳卒中になる前にはこんなこと考えもしなったのに

と思うこと私は多々あります。

今日はそんな思いを一つ体験談を交えて

お話しできればと思います。

社会人してたことは健康なんかは度外視して

納期だ締め切りだに追い回され、

健康のことなんか考えたこともありませんでした。

そんな生活をつづけたせいもあり

2017年原因不明の目眩で会社に通勤できなくなり、

2019年に退職するわけですが、

その時でさえ、血圧なんかは無視していたし、

脳卒中になるべくしてなったといっても過言ではありません。

人は失ってから後悔する

こちらはマキシマムザホルモンの

~これからの麺カタコッテリの話をしよう~

痛風や尿道結石が痛くなってから後悔して健康に注意する

おっさんのうたですが、気分はまさにこんな感じ。

多くの人は人は失ってからでないと後悔できないものです。

人は頭を打たないと成長できない?

でも、実際、自分の身に災難がおこならないと

私を含め多くの人は改善しようと思わない。

それが問題だと思うのですよ。

他人事なので見ないし勉強もしない。

「腸活」だなんだとえらそうに書いていても

なんてことはないのです。

痛かったから対応してるだけにすぎません。

でもね。

これもひとつの成長だと考えたら、

脳卒中した経験によって、ようやく

事実と向き合えたのかなと思うのですよ。

左半身動かしにくくて、思うようにはならないし

利き腕やられて、力も握力50㎏→8㎏とかになって

支払う代償は大きかったけど。

それでも結果的に成長したのだろうなと。

重要なのはくりかえさないこと

よく人生に無駄はないというけれど、

勉強代に半身支払ったとか

高すぎる代償かもしれないですが

高い勉強代を払ったからこそ

得たものがあると思うんです。

・・・

まぁ、脳卒中の再発率は50%以上と

免停になった後の再免停みたいに

めっちゃなりやすくなっていますが、

それでも二度と繰り返さないことが

大事じゃないかなと思うのですよね。

そこは舐めてかかっちゃいけないと思うんですよね。

人生を変えたい。ここで断ち切りたいという

強い思いがある人は前に先に進み、

そこまで思えない人は繰り返して、

命を落としたりするんだろうなと。

それは本人の選択なので仕方ないと思います。

すべての健康は腸にある

もし、まだ脳卒中になっていなくて

この記事を読んでくれている方に。

そんないうても仕事も忙しいし、

健康に気を配る時間がないって人は

これだけは覚えておいてほしいのは

すべての根本は腸にあるってことです。

幸せホルモンのセロトニン、

睡眠ホルモンのメラトニンを作るのは腸で作りますし

体の免疫機能の70%も腸にあることが分かったいます。

私の友人にもアトピー性皮膚炎で悩んでいる人いますけど、

アトピー性皮膚炎って表皮のバリアの機能障害ですが、

バリア機能を担う細菌は腸からくることが、

わかってきたそうです。

既にほかの記事でもたくさん書いてきたように

ビオフェルミン酢酸(お酢)と納豆だけ

できるだけ毎晩取るようにしていれば大丈夫です。

納豆と酢飯、納豆巻きを食うだけでもクリアできます。

継続するには・手軽さや安さも重要な要素。

よくテレビでヤクルト1000がきくとか言いますけど、

それでもいいですが、毎日やってはじめて効果があります。

ヤクルト1000は130円しますから、

30日ですと3900円です。

納豆は3パック入ってAmazon120円くらいでし、

30日分買っても1200円。

スーパーで買えばもっと安いでしょう

ビオフェルミンはこれで880円ですが、

大きいサイズを買えば一日当たりのコストも下がります。

大事なのは継続すること。

毎日のコストのコストはできる限り低いに限ります。

いくら体にいいと言われても

毎日1000円と言われると限られた人しか実践できないものです。

体に入れたものよりも体から出すものがむしろ重要

よく体は食べたものでできているといいます。

確かにその通りなんですが、

今の時代、体に悪くないものを探すほうが難しく、

加工食品やインスタント食品にあふれています。

オーガニックの食品ばかりを取れる人ならいいですが、

これも腸活同様毎日のことですからコスパが重要です。

無理せず健康な体を目指すのであれば、

毒を解毒分解しきちんと排泄し、

毒素を体にため込まないということのほうが

むしろ重要だと感じています。

ただ、そのために高額なデトックス商品などは必要なく、

以下の三点さえ守れば誰でも簡単に解毒や老廃物を

代謝・排泄することが可能です。

アルコールを休む

例えばアルコールは肝臓で

一旦、ホルムアルデヒドという発がん性物質になり、

そこから酢酸へと再代謝されます。

毎日アルコールを飲むとその代謝機能が落ちまくり、

肝臓がおかしくなるのはわかり切った事実です。

なのでたとえば、週に二回か三回はアルコールを抜いて

休肝日を設けるのも大事です。

水分が足りてない

また、毎日きちんと水分を取らなければ、

血はドロドロになり体内の有害物質は排出されず

動脈硬化を起こし心筋梗塞や脳梗塞に至ります。

それだけでなく腎臓や心臓に負担をかけ、

腎疾患になれば週に3回、一回5時間の

人工透析をしなければならなくなります。

もしそうなればQOL(クオリティオブライフ)は

大きく下がってしまいます。

こういうことがわかってくるとお茶や水など

定期的に飲もうと思えるのではないでしょうか?

運動が足りてない

もしも運動不足になれば、

体のリンパも詰まり、老廃物や毒素が体中にたまり、

体中に炎症が起こり不調で苦しむことになります。

体を動かすという意味は筋トレやカロリー消費以上に

老廃物や毒素を筋肉のポンプを使い外に排出する

内情洗浄の効果を担っていることを忘れてばなりません。

このように口から入れるものよりむしろ

体から毒素や老廃物を出すものほうが重要なのです。

『私は体にいいものを取っているから、

サプリを飲んでいるから大丈夫』というのは

木を見て森を見すだということがわかるのではないでしょか?

そしてこれらは

すべて脳卒中になって体のことを知ってみようと

思えたからこそ知り得たことです。

まとめ

さて、いかだだったでしょう?

  1. 現代社会において健康は軽視されがち
  2. 人は失ってから後悔する
  3. 人は痛い思いしないと成長もしない
  4. 重要なのは繰り返さない事
  5. すべての健康は腸にある
  6. 体に入れたものよりも体から出すものがむしろ重要

もし、この記事を読んだあなたが

まだ脳卒中になっていないのなら、

自分事に捉え体について考えるなら

そんな習慣ができれば我々と同じ轍は

踏まずに済むんじゃないかなと思います。

もしこの記事が少しでも役にたったと思ったら

自分の大切な人や、ヤバそうな友人に

直リンクをシェアしてあげてもらえると嬉しいです。

まぁ、知っていても自分事でないと

なかなか改善は、難しいのかもしれませんが、

体を壊したものだからこそ

見える世界があるのだとほんの少しでも

伝わっていただけたのなら幸いです。

今日のところはこのへんで

また次回の記事でお会いしましょう。

この記事を書いた人

ひですけ@片麻痺デザイナー。
2021年末に脳卒中を発症し左半身麻痺と感覚障害になったwebデザイナー。
現在は自宅でリハビリしながらWebアパレルショップ【rakufuku_jp】の店主兼当サイトの管理人をしています。

hidesukeをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました