脳卒中ひろば 2年目突入脳卒中患者の情報交換の場として少しは役に立てているのだろうか?2年目の戦略は?

NEWS

脳卒中ひろばが開設から1年が経過しました

どうも。ひですけです。

一年前の1月17日、初めて脳卒中ひろばを立ち上げました。

ほんとは前回の記事で描き立ったのですが、

忘れて違う記事書いてしまいましたw

検索結果は事業者ばかりで患者目線の情報がなくて愕然とした。

2021年の年末に脳出血をおこして、

ICUの時はさすがに手も足も動かなくて

何もできなかったのですが、

急性期病棟に移って

まだ、ロクに動かない手足を引きづって

病室でノートパソコンで検索した時の

絶望感は今も忘れられません。

脳卒中で検索したら、病院とか治療家の宣伝ばかり。

おかげで脳卒中がどんな病気かは十分すぎるほど

理解できましたが、それは全部、医者目線。

欲しいのは患者通しのコミュニティ

でも実際欲しいのは、突然脳卒中になって心細いのに

これからどうすればいいか?という情報なんですね。

脳卒中になって入院しているのに、

脳卒中の予防法でも、脳卒中はどんなに病気なのか?

といった情報ではないのです。

脳卒中はどうやったら治るのか?とか、

手が痺れ痛いときに、こうすれば楽になったよとか

患者目線の記事はネットのどこにもありませんでした。

ないなら作るのみ。とできたのが「脳卒中ひろば」

私は元々サイトを作りをしていたのもありますが、

「ないなら作ろう」と思って、ドメインを取り

「脳卒中ひろば」ができました。

最初は掲示板形式にして、情報を集めようと思って

掲示板のプラグインを入れたのですが、

出来たばかりの無名の掲示板に書き込みがあるわけもなく、

数千件単位でスパムを送られ、セキュリティ対策もしましたが

無料でできる範囲の生半可なセキュリティでは無駄だと知り、

掲示板部分は、FacebookやTwitterや質問箱で回そうと

始まったのが今の形として定着しました。

痛すぎて更新できない時期がかなりあった。

しかも、退院から3カ月目くらいで、後遺症で肩が痛くなり、

夜中に寝られないほど痛くてなかなか更新できない時期がありました。

やる気が出ずに鬱っぽくなり更新頻度も下がりましたが、

むしろそれがネタになりました。

私が困ったことに出くわすたびに、ネットから解決策を拾って、

PTやOTさんなどに協力してもらいリアルで情報を集め

皆さんから意見をもらいやってきたのが、この脳卒中ひろばです。

この1年で延べ14715人に見て頂きました。

この数字は普通のサイトで比べると少ないのかもしれませんが、

脳卒中患者やもしくはその関係者が見てくれた数字となると少し話が違ってきます。

言い方を変えると、このサイトを見る人は脳卒中患者やその関係者が見た人のほとんどなのです。

FacebookのコミュニティではFacebookを利用する人だけですが、このサイトに来る人は、Facebookだけでなく、ツイッターからも、インスタグラムからもnoteからも来てくれている。

本当にすごいことだと思います。

二年目の野望はみんなで稼ぐ。

前回、家で仕事をするには?という話をしましたが、もうひとつ。

このサイトでスポンサーを募集して、みんなで記事を書きあって、メディアを作るっていうのもありですね。

スポンサーから頂いた金額は、一文字なんぼでお支払いいたします。

みなさん、記事書いてくれますか?

逆にスポンサーになってくれる企業はありますか?

もし、いい案だなと思ったらコメントくださるとうれしいです。

みんなで頑張って10万人が見る国内最大の脳卒中情報サイトに出来たらいいなと思います。

ひですけ
ひですけ

みんなが参加できて楽しいことができればいいなと思います。
まぁ、スポンサーがついてくれればだけどね。。。私の野望です。

うさきち
うさきち

ひですけは元々労働系の仕事してたから、

働きたくても働けない人を応援したいんやろうね。

読者のコメント

まだ、ありません。

見るだけでなく参加するメディアへ
老若男女関係なく、みんなで盛り上がるメディアへ。

今日のところはこのへんで。
また次回の記事でお会いしましょう♪

脳卒中ひろば TOPへ戻る

この記事が気に入ったら
いいねとシェアお願いします!
新着記事を更新したらお知らせします♪
この記事を書いた人

ひですけ@片麻痺デザイナー。
2021年末に脳卒中(右被殻出血)を発症し左半身麻痺と感覚障害になった。
脳卒中になったことをきっかけに健康オタクとなった。

現在は自宅でリハビリしながら、当サイトの管理人をしています。
Web作成とデザインが好き。アパレルショップ【rakufuku_jp】の店主でもある。

hidesukeをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました